日立が、かつてない規模と期間でのリモートワークの実践から見いだしたのは、コアオフィスの機能見直しや地方分散をベースとした「働く場所の変革」が課題の原点であり、それを起点としたIT環境や従業員エンゲージメントのあり方から、適切な環境を実現していくことが重要だということでした。
この考え方のもと、日立はデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用して働き方全体を改革するとともに、さまざまな社会課題にも取り組む施策を積極的に展開していきます。
そして「人」を中心とした働きやすい環境と社会づくりのために、自ら実践した働き方改革の取り組みを、お客さまと社会全体の課題解決につなげていきます。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.