デジタル技術を活用した社会の変革への期待が高まり,産業界ではデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産改革が本格化しつつある。

日立が長年にわたって提供してきた社会インフラの情報制御システムは,フィジカル空間の機器とサイバー空間の制御ロジックをつないで機器を最適に動かすというCPSの原型であり,DXをいち早く実現してきたシステムと言える。また,それを担ってきた大みか事業所は,2020年1月に世界経済フォーラムよりデジタル化の先進工場「Lighthouse」に選出され,その生産改革の取り組みが注目を集めている。

日立は情報制御システムを通じてどのように社会と産業のDXに貢献していくのか。みずからの改革とともに,製造業全体のデジタル化を推進するための取り組みとは──。大みか事業所の活動全体を指揮する花見英樹統括本部長に聞いた。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.