新型コロナウイルスが猛威を振るう中、多くの人が在宅で働くようになりました。しかし、医療従事者やエッセンシャルワーカーなど、職場へ出向かなければならない仕事も数多くあります。研究開発もそうした仕事のひとつです。特別な設備を使って研究を行う必要があり、在宅での仕事には限界があります。感染リスクを最小限に抑え、いかに研究活動を継続させることができるか。日立の中央研究所の取り組みを取材しました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.