日立製作所は5月26日、新常態(ニューノーマル)を見据えた「新しい働き方」を発表しました。新しい働き方では、在宅勤務の活用を標準として、「働き方の多様化」を推し進めます。それと同時に、社員の生産性を向上させるため、業務や役割、期待成果を明確にする「ジョブ型人財マネジメント」への転換を加速させます。

日立はなぜ働き方を転換しようとしているのでしょうか。日立が見据えるニューノーマルの働き方とはどのようなものなのでしょうか。日立のCHRO(最高人事責任者)を務める中畑英信執行役専務に話を聞きました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.