働き方改革やニューノーマルへの対応、カーボンニュートラルへの取り組みなど、ビルが直面する課題は大きく変化している。長い歴史を持つ昇降機からビルサービスへと事業を拡大してきたビルシステムビジネスユニットは、蓄積してきた経験とデータ、デジタル技術の活用によって新たな価値を創出し、ビルを取り巻く課題に応えている。その取り組みにおいてLumadaはどのような効果を上げているのか。デジタル技術の活用はビルシステムにどのような価値をもたらすのか。日立製作所 ビルシステムビジネスユニット CDO 兼 Chief Lumada Business Officer 兼 IT本部長で日立ビルシステム取締役を務める小玉 剛久と日立製作所 Lumada Innovation Hub Senior Principalの加治 慶光の対話を通じて明らかにしていく。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.