アフターコロナを見据える今、「ありとあらゆる場所が働く場所になる、オフィスからデジタルに移っていくWaaS(Workplace as a Service)の流れが来ている。」と語る、「WORKSIGHT」編集長の山下正太郎さん。リアルなオフィスの役割はこれからどのように変わっていくのでしょうか。また、新しい働き方を支えるため、どのようなプロダクトが生まれつつあるのでしょうか。日立製作所 研究開発グループの「協創の森」を巡りながら、山下さんと、東京社会イノベーション協創センタ の丸山幸伸主管デザイン長、高田芽衣主任研究員、坂東淳子主任デザイナーが、ともに考えました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.