近年、大雨や洪水、猛暑などの異常気象が世界各地で頻発しています。多くの人が気候変動のリスクを肌身で感じるようになりました。こうした気候変動の対策として考えられるのが、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「脱炭素社会」の実現です。そのためには、政府だけでなく、企業も具体的な対策を取ることが求められています。

気候変動問題で、企業に期待される対応はどのようなものでしょうか。イギリスで開催されるCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)を前に、東京大学未来ビジョン研究センターの高村ゆかり教授に話を聞きました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.