企業活動に変革をもたらす人工知能(AI)。その技術の先端を担っているのが画像認識の分野である。AIの能力は、物事を把握する「認識」を超え、意味を理解する「認知」に達するとの見方もある。AIをめぐる技術開発の方向性と社会応用の可能性を見出すべく、画像認識研究の第一人者である国立情報学研究所(NII)教授の佐藤真一氏と、顧客協創につながるAIの研究開発を行う日立製作所人工知能イノベーションセンタ長の影広達彦が、ビジョンを語った。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.