グローバル社会が共通して直面する課題の解決に向けて,2015年,国連でSDGsが策定された。その達成に向けては,各国政府のみならず,企業の具体的な貢献が必要不可欠である。中でも「13気候変動に具体的な対策を」で定められているとおり,世界各地で自然災害の激甚化をもたらしている気候変動への対策は急務となっており,カーボンニュートラル達成と経済成長の両立に向けて,再生可能エネルギーや水素のさらなる活用に向けた投資を各国が拡大するなど,脱炭素社会への移行が始まっている。

こうした中,持続可能な社会の実現と人々のQoL向上をめざし,さまざまな分野で社会イノベーション事業を推進する日立グループでは,環境問題の解決に向けた取り組みが加速している。ここでは,グループ全体を通じた日立の環境戦略と具体的な取り組みの事例とともに,環境負荷の少ない移動手段として近年注目を集める鉄道システム,都市の生活に欠かせないビルシステムの製造・運用・保守を担う,モビリティセクターにおける環境への取り組みについて紹介する。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.