日立製作所は2021年8月4日、鉄道システム事業を展開する日立レール社が、フランスの電子機器大手タレス社の鉄道信号関連事業を買収すると発表しました。買収総額は16億6,000万ユーロ(約2,150億円)で合意し、最終的な価格は2022年度のクロージングの際に確定します。日立は今回の買収を通じて、鉄道信号システム事業をグローバルに拡大し、事業成長を加速させたい考えです。

日立製作所のアリステア・ドーマー執行役副社長は、同日に行われた会見で、「生涯に一度のチャンスだと思っています。この買収によって、日立は、鉄道システム事業のグローバルリーダーになることができる」と意気込みを語りました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.