日立製作所のITを束ねる德永俊昭と、ベストセラーコミック「テルマエ・ロマエ」の作者でありエッセイなどの文筆家としても知られ、世界各国での暮らしを体験されてきたヤマザキマリ氏との対談を5回連載でお届けします。
テーマは、ポストコロナの社会とビジネス。第1回は、コロナ禍の世界にあって、ITへの期待が高まるなか、ITの発展には理系の知だけでなく文系の知も重要であるとの共通認識で意気投合。話題は多面的なものの見方や価値観の変え方の重要性へと展開し、ポストコロナに向けて、いかに想像力を修練させるかが鍵となるとの方向性が示されます。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.