データの自由で国際的な流通が,人類に巨大な価値をもたらすことは疑う余地がない。一方,それが個人の人権や,自国の経済利益,国や地域の安全保障などを棄損し得るとの懸念も存在する。DFFTはその解決に向けた日本から世界へのメッセージであり,トラスト概念導入を主眼とする。本稿ではこれへの技術的アプローチのために,まずトラストと従来のセキュリティの差異を考察する。次にDFFTのモデル化を試み,その中で特にデータ流通場面におけるトラストとは何かを定義する。以上を踏まえてDFFTを実現するための基本と考える技術課題を挙げ,その解決に向けた日立の研究開発の取り組みを紹介する。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.