植林事業は生産拡大のみならず、自然環境保護との両立や作業効率化など、さまざまな課題を抱えています。
大手総合商社の丸紅と日立製作所、日立ソリューションズは、こうした課題の解決に向けた実証実験を実施しました。その舞台となったのは、インドネシア・スマトラ島の森林地帯。植林地の生産量を管理するために必要な「蓄積量」を把握するために、樹木の高さを衛星測位技術を使って効率的かつ高精度で測定する技術の検証を行いました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.