世界的に高まっているサイバー攻撃の脅威。5月10日には、米国の石油パイプライン企業がサイバー攻撃を受けて、一時的に操業を停止する事態に追い込まれました。これにより、周辺の地域ではガソリン不足などの影響が出ました。

IoT技術の普及によって、エネルギーや鉄道などの重要インフラにおいてもデジタル化が急速に進んでいますが、そうした重要インフラがサイバー攻撃を受けると、人々の生活に大きな支障が生じるのです。こうした状況を鑑みて、政府は国を挙げたサイバー防衛強化の方針を打ち出しています。

こうした中、日立製作所は6月1日、重要インフラへのサイバー攻撃を想定した訓練をオンラインで行えるサービス「オンラインNxSeTA」の提供を開始しました。サービスプラットフォーム事業本部の石場光朗さんは、「実践的な訓練を通じた組織的なインシデント対応能力とセキュリティ人材育成の強化が必要です」と話しています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.