カーボンニュートラルの実現に向けて世界各国,各地域で具体的な取り組みが進み始めた。電力部門では,再生可能エネルギーの導入拡大,水素発電に向けたインフラ強化や地産地消化を進め,電化,電動化を促進する環境整備を進めている。一方,輸送や産業部門では電化,電動化やDX基盤となるデータセンターの高効率化に向けた材料やシステムレベルの革新技術の開発が進められている。特に,輸送部門では内燃機関を用いた従来の自動車に代わる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車の普及を2035年を目途に100%まで高めることが求められている。その実現には,ドライバーやオーナーに対しての経済価値とともに,脱炭素化に向けた環境価値の提供が欠かせない。

本稿では,普及期を迎える電動車向けに消費電力を低減する高効率モータ技術や充電の不安を解消する短時間充電に必要なインバータ技術,さらに需要の増加と多様性が求められる電力配電設備向け電力変換技術について紹介する。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.