DXが声高に叫ばれるものの、ユーザー部門の業務改善や働き方改革の進展は遅い…
その打開策として注目を集めているのがローコーディング(最低限のコーディング)のアプリ開発ツール、Microsoft Power Platformです。
ユーザー部門自らが、開発者に頼ることなく簡単な操作で業務を改善するアプリをつくることができるこのPower Platformは、企業にどんな変革をもたらすのか?
そしてユーザーがアプリを開発することで発生する課題とその解決策とは?
Power Platformの製品開発チームであるマイクロソフトの吉田大貴氏と日立製作所でPower Platformの活用支援サービスを開発している板橋正文が、語り合いました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.