多様な個性を尊重し、その人の強みを生かすことが、組織の持続的成長につながる――。こうした考えのもとに、日立製作所は「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」戦略を加速させています。4月20日には、ロレーナ・デッラジョヴァンナ執行役常務がオンライン記者会見を開き、「2030年度までに、役員層(執行役と理事)に女性・外国人が占める割合をそれぞれ30%に引き上げる」と発表しました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.