日立はデジタルイノベーションを加速する「Lumada」*1のさらなる拡大に向け、データサイエンス関連の研究者・エンジニア・コンサルタントなどのトップ人財を結集した新組織「Lumada Data Science Lab.」(以下、LDSL)を新設しました。人工知能(AI)・データアナリティクス分野の研究開発と事業開発を掛け合わせることで、より複雑で高度なお客さま課題に応え、社会を変革させることが大きな目的です。LDSLの取り組みと今後の展望について、副ラボ長 徳永 和朗に話を聞きました。

*1 日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.