今、世界的に大きな潮流となっている脱炭素化や分散化、再生可能エネルギーの導入拡大は電力事業のあり方を大きく変えようとしています。
再生可能エネルギーが拡大する中でいかに需給バランスを維持していくか、台風や山火事をはじめとした自然災害に対し、いかにレジリエンス・セキュリティを確保するか。
これらの経営課題を解決するために注目されているのが、IoTやAIによるデータ分析などのデジタル技術の活用です。電力事業者は、これまで個別のシステムに分散して保管され活用できていなかった情報の統合、必要なセンシングの適用、データを活用したシミュレーションや予測技術の開発により、日々の事業運用から得られる情報を経営指標に変換することで、さまざまな経営課題を解決しようとしています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.