新型コロナウイルスが猛威を振るう中、現金の受け渡しによる感染を避けるため、「キャッシュレス決済」を利用する人が増えています。キャッシュレス決済といえばクレジットカードが一般的ですが、最近ではスマートフォンで決済できる「PayPay」や「LINE Pay」などの決済サービスが急速に普及しています。

こうした中、キャッシュレス決済の新たな手段として、スマートフォンや財布を持たずに手ぶらで決済ができる「生体認証」に注目が集まっています。生体認証は、顔や手のひらなど身体のさまざまな部分を使って個人を特定する技術。その中でも、指の静脈で個人を特定する「指静脈認証」は、利便性や安全性の高さから、今後の活用に期待が高まっています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.