グローバル社会に大きな影響をもたらしている新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中,急激な感染増と重症化を防ぎながら社会活動を活性化していく,ウィズコロナ時代の新常態を見据えた取り組みが進みつつある。特に治療の最前線となる医療の現場では,感染防止対策を徹底しながら,必要な医療を安全に提供するための模索が続く。そうした状況下で改めて注目されているのが,オンライン診療とセルフヘルスケアの実践である。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.