いま世界中の企業で、すべての従業員が働きやすい、インクルーシブ(排除しない)な職場づくりの議論が進められています。しかし課題となっているのが、どうすればそうした職場づくりができるか、ということです。

自らを「同性愛者の僧侶」と語る西村宏堂さん(33)は、浄土宗の僧侶でメイクアップアーティスト、さらにLGBTQ+活動家、モデルと多彩な肩書を持っています。そんな西村さんに、自身の生い立ちや、LGBTQ+の人々が働きやすい職場づくりの方法を聞きました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.