ロボットが人間の生活にだんだんと関わるようなってきた。一方でロボットの普及が進んでいくと、人間とロボットが干渉し合うことも増える。日立製作所(以下、日立)では、人とロボットが共通認識を持てる仮想空間を実現するコモングラウンドの概念の実用化に向けた研究を進めている。その成果は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)で新しいユーザー体験として提供する計画もある。日立でコモングラウンドの研究開発を推進する研究開発グループデジタルサービス研究統括本部デジタルプラットフォームイノベーションセンタの兵頭章彦主任研究員と鈴木真太郎研究員に、仮想空間が仲立ちする人とロボットの共存する世界について説明してもらった。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.