カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーへの移行は、サステナブル(持続可能)な社会の実現に向けて喫緊の課題となっています。そのためには、これまでになく環境性に優れた新素材の開発をはじめ、化学分野が担う役割は決して小さくありません。

日立ハイテクソリューションズの「Chemicals Informatics(ケミカルズ・インフォマティクス)」は、新素材の開発に必要な化合物をAIで探索するサービスです。1億個以上の化合物が登録されたデータベースを用いて網羅的に探索する機能などにより、目的に合った化合物を見つけ出すサポートを行います。

これまでベテラン化学者の知見に大きく依存していた部分をAIが担い、研究開発にかかる時間や手間、コストを大幅に削減。新素材をいち早く社会に送り出す一翼を担います。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.