新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染対策のため、“密”を避けることが求められています。こうした中、日立製作所は電車やバスなどの乗客の流れを、AIやシミュレーション技術で予測して、その分析結果を提供する「人流予測情報提供サービス」を開発。2022年1月27日から販売を始めました。同サービスで得られた「混雑予測情報」は、公共交通機関での感染予防に役立てることができるほか、交通事業者の業務効率の向上やコスト削減につなげることができるため、交通事業者間での期待が高まっています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.