近年、建設業界では、技能労働者の高齢化や人口減少により、深刻な人手不足が課題となっている。この課題を解決すべく、国交省で推進中のi-Construction(アイ・コンストラクション)(※1)をはじめ、ITの活用により生産性を向上させる取り組みが始まっている。
鉄筋出来形検測作業は、建設現場で2名1組となり、事前準備や検測作業、調書作成などに多くの手間と時間を費やしており、これら作業の省力化を目的に、三井住友建設では、3次元情報を計測することが可能なソリューションの開発に着手した。今回は「鉄筋出来形自動検測システム」の開発を進めている三井住友建設の水田氏と、日立ソリューションズの賀川氏による対談を実施。建設現場における生産革命と、持続可能な社会の実現に向けた想いを語ってもらった。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.