日立レール社とフランスのアルストム社は2021年12月9日、日立とアルストムが共同出資する「日立アルストムハイスピード共同事業体」が、英国のハイスピード2社から高速鉄道車両の設計、製造、保守を受注したことを発表しました。

受注したのは54編成の新型車両で、最高時速360キロメートルで走行します。契約金額は19億7,000万ポンド(約2,957億円)で、保守契約は12年間。ハイスピード2社によると、2029~2033年の間に運行が開始される予定ということです。

日立製作所の鉄道ビジネスユニットのアンドリュー・バーCEOは、10日に開かれた記者会見で、「この高速鉄道によって、多くの人が移動手段を自動車から鉄道にシフトすると見ています。これはサステナビリティ(持続可能性)の観点からも非常に重要です。このプロジェクトを通じて、日立が英国のCO2削減目標の達成に貢献できると考えています」と、意気込みを述べました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.