日立製作所は2021年12月7日、環境評価を行う国際的な非営利団体CDPから、「気候変動対策」「水資源保護」の分野における取り組みについて、最高評価である「Aリスト」企業として選定されたことを発表しました。ダブルA評価を獲得したのは、評価対象企業約12,000社の中でもわずかで、日立として初めてとなります。

環境戦略を担当するアリステア・ドーマー執行役副社長は、「とても光栄に思います。今回の栄誉に甘んじることなく、より良いイノベーションと成果を得られるように常に努力し続けます」としています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.