リモート化、デジタル化が進む社会では、本人が本人であることを最も手軽に正しく示すことができる生体認証が、認証技術として不可欠になりつつある。しかし、生体情報を含む「秘密情報の安全な管理」と「利便性」の両立が課題になる。こうした課題を解決できるソリューションとして日立製作所(以下、日立)が開発した「公開型生体認証基盤」(PBI)について、実現の仕組みや利用の状況を研究開発グループの高橋健太主管研究員に聞いた。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.