近年、老朽化した水道管の破損により、冠水や陥没事故が発生しています。その背景には、高度経済成長期に作られた水道管が耐用年数を迎えていることが指摘されています。このような事故を減らすには、水道管の漏水を迅速に検知することが重要ですが、少子高齢化に伴い熟練技術者が減少し、漏水箇所をすぐに特定することが難しくなってきています。

こうした課題を解決しようと、日立は独自の「超高感度振動センサー(以下、漏水検知センサー)」を開発しました。地中の水道管にセンサーを取り付けて、漏水独特の振動を検知することで、漏水の疑いがある箇所を遠隔で把握します。この開発プロジェクトを率いたのが、日立製作所の公共システム事業部の竹島昌弘さん(50)です。竹島さんに、センサー開発の舞台裏を聞きました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.