日立製作所は2021年10月、研究開発拠点の「協創の森」(東京都国分寺市)で記者会見を開き、発電や蓄電などの技術を活用して開発した「エネルギーマネジメントシステム」の実証環境を構築したことを発表しました。

同システムは、効率的なエネルギーの運用を可能にし、コストを抑えながらCO2の排出量を削減することができるようにするもの。脱炭素をめざす企業に提供することで、ゼロエミッション化(CO2排出ゼロ化)や持続可能な社会の実現に貢献していきたい考えです。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.