ワクチン接種の拡大によりパンデミック収束への光明が見え始める中で,アフターコロナのニューノーマルを見据え,経済・社会活動,そして人々の移動を支える鉄道システムにも変革が求められている。移動の減少や感染予防への対応,またSDGsや,2021年11月に英国で開催されるCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)を前にしたカーボンニュートラルへの貢献など,鉄道システムを取り巻く現状には多くの課題がある。

長年にわたって鉄道システムを支えてきた日立グループは,それらの課題克服にどう貢献していくべきなのか。研究開発グループおよび鉄道ビジネスユニット各部門のリーダーが鉄道分野の幅広い研究に取り組む東京大学の古関隆章教授を囲み,鉄道システムの今を考え,未来を展望する。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.