協創の森ウェビナー ― Prologues
第1回 「パーパスと社会イノベーション事業」
プログラム2「目的工学の観点から社会イノベーションを紐解く」

ビジネスの現場では今、「パーパス=存在意義」が求められています。パーパスを軸に企業活動を見直した時、どのような価値が見えてくるのでしょうか。また、パーパスを中心に置くことで、企業活動はどのような社会イノベーションを起こしていくことが可能なのでしょうか。
目的工学の第一人者である多摩大学大学院の紺野登教授と、日立製作所 社会イノベーション協創統括本部 統括本部長の森正勝が語り合いました。

動画を見る

This article is a sponsored article by
''.