気候変動対策の一環として,脱炭素社会の実現に向けた取り組みが進んでいる。こうした中,日立は再生可能エネルギーとグリーン水素流通を実現する水素システムを構築し,欧州や国内を中心にグローバルなエコシステムにより脱炭素化と経済性を両立する水素取引プラットフォームの創生をめざしている。また,安価かつサステナブルに水素,電力,熱の供給が可能な水素製造システムと水素活用熱電供給システムを組み込み,需給バランスと高収益を両立する水素マルチリソースプラットフォームの開発を進めている。

本稿では,日立がめざす水素マルチリソースプラットフォームおよび水素製造システムのコンセプトと,水素活用熱電供給システムにおける制御技術について紹介する。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.