国内では、水道管などの社会インフラ設備の老朽化が進んでおり、設備の維持管理コストを削減するため、漏水の早期発見・補修が重要課題となっています。熊本市上下水道局では、熊本地震以降、調査を含めた漏水対策として、日立の「漏水検知サービス」を活用した実証実験を開始。漏水調査の効率化、可視化により、漏水が起因となる事故を防ぎ、住民への安全・安心・快適なサービス提供をめざしています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.