日立製作所は1月22日、企業などの設備やサービスにおける「再生可能エネルギー」の使用状況をデジタル技術で「見える化」するシステムを発表しました。また、それぞれの設備やサービスが「再生可能エネルギー」のみで稼働・提供している場合、「Powered by Renewable Energy」として証明するシステムの運用を始めたことも明らかにしました。これらは脱炭素社会の実現に向けた取り組みの一環です。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.