近年、人口の減少や高齢化が進んでいることから、働き手(特に熟練者)の不足が深刻な社会課題となっています。そのような中、「外食」ではなく、調理済み食品を家庭で食べる形態である「中食」や、共働き家庭の増加といったライフスタイルの多様化などにより、手軽に調理できて、しかもおいしい、さらには、忙しい朝の時短にも貢献する「冷凍食品」は右肩上がりで成長を見せています。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.