あなたは今、エメラルドグリーンの草原に立っています。周りには、牛の群れがいます。毛並みのつやつやした元気そうな牛たちです。聞こえるのは、そよそよと吹く風の音、鳥のさえずり、牛がおいしい草を満足げに食べる音だけです。

一見すると、単純な風景のように見えます。しかし、その裏には、米国の酪農家ハッピー・カウ・クリーマリーによる緻密な日々の作業があります。

幸福な牛を、ずっと幸せに――。それが、酪農家・起業家としてハッピー・カウ・クリーマリーを経営するトム・トランサム三世の目標です。酪農・乳製品製造業で成功する上で重要な目標ですが、簡単に達成できるものではありません。

トランサムさんは、この目標を達成し、サステナブル(持続可能)な農業を維持しつつ、可能な限り最高の製品を生産するため、アイデアとソリューションの提供を日立に依頼しました。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.