少子化の問題が叫ばれて久しい日本。2019年は1899年の統計開始以来、初めて出生数が90万人を割り込み、86万人となりました。第二次ベビーブーム(1971年~1974年)の団塊ジュニアと呼ばれた世代では年間200万人を超えていた出生数が、この50年の間に、半分以下となっていますが、解決の糸口は見出せずにいるのが現状です。

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.