「Hitachi Social Innovation is POWERING GOOD」を体現する活動(さまざまな社会課題を企業や個人の枠組みを超えて解決し、人々のQoL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる活動)に取り組んでいる社員の姿を紹介しています。

当映像では、Hitachi High-Tech America, Inc. のロバート・ゴードン氏が登場します。現在、世界中の子どもたちの理系離れが深刻な問題になっています。ロバート氏は、「教育で子どもたちの無限の可能性を育てたい」という想いから、様々な障壁を乗り越えて、自社の最先端の電子顕微鏡を学校に貸出し科学の面白さを伝える出張授業を行ってきました。COVID-19により学校が閉鎖された時でさえも、すぐにオンライン授業を開始しました。「私は諦めません」。これは、世界中の子供たちの可能性の扉を開き続ける、挑戦の物語です。

画像: 世界を輝かせる人 電子顕微鏡編 (北米) -日立 www.youtube.com

世界を輝かせる人 電子顕微鏡編 (北米) -日立

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.